プロジェクト終了のご報告

2017(平成29)年4月吉日

実行委員会 関係各位

実行委員会事務局長
(公社)人権啓発センター
専務理事 水口 好久


『プロジェクト Y〝勇気を出して相談しよう!〟』終了のご報告



 謹啓 陽春の候 ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

 

 いじめ防止プロジェクトにご理解とご協力を賜りありがとうございます。厚く御礼申し上げます。

 さて、2014年4月にスタートいたしました「プロジェクト Y 2014-15〝勇気を出して相談しよう!〟」は、当初の2年間の予定を1年間延長し2016年度まで実施してまいりました。2017年3月31日をもって終了することとなりましたので、プロジェクトの成果と併せてご報告申し上げます。

 プロジェクトは、「いま、子どもたちの暮らしの中に蔓延するいじめ。子どもたちの心を病ませ、命も奪ういじめ。いじめ防止は、国民的課題だ」「いじめ当事者の子どもたち、傍観する子どもたち、ささいな兆候から気付くこともできるはずの大人たち、みんなが〝いじめ〟と声をあげることが解決の第一歩。子どもたちが勇気を出して相談する。大人たちも勇気を出して声をかける。そうすれば、必ず解決の道が拓ける」という趣旨で立ち上げられました。

 全国でいじめ防止の取り組みが推進されている中、とくに「予防」「早期発見」には、多くの人びとが、勇気を出して解決に向けて一歩踏み出すことが不可欠であり、人びとの背中を押し、それを可能にする社会環境を醸成するためには、多様な啓発活動が必要であると考えました。

 そこで、子どもたちの大好きな子ぞう・ゆめ花が書いた『勇気』と相談窓口のポスター、ゆめ花が描いた『七夕の星空』をモチーフに、子どもたちに「勇気を出して相談する、声に出す」ことを促す、啓発キャンペーンソング『Yの花』(作詞・さいとういんこ 作曲・佐瀬寿一)CD・合唱用譜面をセットで、全国の小中高校等へ無償配布する事業を2014年8月から開始いたしました。

 おかげさまで、配布先の実績は、別紙一覧表のとおり、群馬県・岐阜県・高知県の全小中校はじめ、福岡県、大分県、佐賀県、東京都内の各校1910校に上りました。

 配布先の学校では、校内放送、朝会やクラスでの合唱、いじめ防止授業などで活用され、市町村等の庁内放送、各地のいじめ防止イベントやコンサートで演奏・合唱されるなど、多くの教育関係者の皆様からご好評をいただくことができました。

 また、市原ぞうの国では、ゆめ花が鼻で「勇気」と書くパフォーマンスなど啓発イベントを随時実施しました。

 ヤマダ電機では、全国の店舗にポスターを掲出、あわせて同社折込広告に啓発メッセージを継続的に掲載しました。

 内藤建設では、東戸塚駅前の同社本社ビルに啓発屋外広告看板を設置し、東海道線・横須賀線利用者等一般への周知を図りました。協賛団体・企業等においても、ポスターの掲出を行いました。

 さらに、ジャパンクリーンサービスでは、啓発メッセージをラッピングしたパッカー車を運用し、巡回収集する業務において可児市及び周辺地域で啓発活動を実施しました。同社の「チームクカバラ」との共催では、アニメ「ねこのまるけ」上映とシンガーソングライター佐藤梓氏によるコンサート、文字職人・杉浦誠司氏による講演会等を各地で開催しました。

 こうしたさまざまな取り組みが「早期発見」の一助となる成果があったものと自負しております。

 小池百合子委員長はじめ実行委員会関係各位、ご賛同いただいた、多くの皆様のお力添えに感謝申し上げます。改めて、厚く御礼申し上げます。

 (公社)人権啓発センターでは、今後とも、いじめ防止の取り組みを継続する所存です。引き続き、皆様のご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

 末筆ながら、ますますのご活躍とご健勝を祈念申し上げます。

謹白

elfa
logo
rita
finish_houkoku

「Yの花」CD・合唱譜面・ポスター配布学校一覧(全1910校)

お問い合わせ

プロジェクト事務局・(公社)人権啓発センター


<岐阜事務所>
509-0203 岐阜県可児市下恵土233-1
TEL:0574-61-1338  FAX:0574-42-8750

<東京事務所>
102-0093 千代田区平河町2-5-7 ヒルクレスト平河町407
TEL:03-3263-7710  FAX:03-3263-8105

E-mail:info@jinken-center.jp

Back to top